読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀塩日和

フィルム写真と冒険。そしてSDM生活。

熱を帯びて

f:id:ino_null:20140628230509j:plain

GXR Mount A12 SMC PENTAX-M 55mm F1.8

数週間前、自宅でくすぶっている私を会社の同期が叩き起こした。

天気も悪く、湿度も高いのに外に出ろという。

 

彼らは気乗りしない私を横浜スタジアムに放り出した。

横浜VS楽天

 

私は野球はわからない。

というかスポーツは大体よくわからない。

 

超がつくほどの運動音痴なので、プレイして心から楽しいと思えたことはあまり無いし、観戦も自分がプレイしてだめになることを想像してしまうのであまり進んでは観ない。

 

こうして25年生きてきたらスポーツアレルギーの男が出来上がってしまった。うん。

 

なので、スタジアムという場所は元来私にとっては居心地の悪かろう場所なのです。

 

 

 

しかし、その偏見は9回までの試合展開とロケーションによって180°変わることになった。

 

雨、不快。寒いスタンド。

 

次第に展開の変わってゆく試合。曇り、合羽を脱ごう。

 

大量に入る点数。外野の選手のスーパープレイ。雲間からさす日差し。

 

スタンドのファンはにわかに立ち上がり声を上げ、楽器が鳴り響く。

 

心地よい鼓膜の揺れ、両足から伝わるスタンドの響き、肌を照らす太陽光。

 

くすぶっていた日曜日は一転エキサイティングに熱を持った。

 

 

 

そんな瞬間。

だめな部分の方が目立つけど、熱を感じる好きな写真。

カメラを持っていってよかった。

 

連れ出してくれてありがとう友人。