銀塩日和

フィルム写真と冒険。そしてSDM生活。

見えてるもの。色。

f:id:ino_null:20140630225901j:plain

PENTAX MX SMC PENTAX-M 55mm F1.8

デジタルカメラホワイトバランス調整機能って本当に便利。

 

フィルムで写真を撮って、現像から帰ってくる度に本当にそう思う。

 

デジタルで撮影しているときは、この構図で、こういう意図で、こういう色を残して、、、

と脳内で様々な試行をしながら求める絵を撮る。

 

だから僕が普段GXRなんかで撮った画は結構不自然な色をしていることが多い。

「気持ち悪い」のぎりぎりの色が好きだったりする。

 

僕の脳内記憶色は極めて極彩色なのかもしれない。

 

 

しかし、フィルムちゃん、というかMXちゃんはそうはいかない。

 

何色になるかわからないんだ、本当。

 

多分経験豊富な方は光を巧みにコントロールして意図した色を出すんだろうけど。

スーパービギナーな僕にはそれができない。

 

そしてなんとなーくで見えてるものをとってみると、色あせたような色で仕上がってくる。

 

 

味があると言われればそれまでなんだけど。。。

んー、悔しい。

 

 

 

 

 

そんなことを考えながら今日僕はサラリーマンをやっていたけど、本当に撮影にいきたくてうずうずしていた。

 

週末は晴れないかなぁ。

広告を非表示にする