読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀塩日和

フィルム写真と冒険。そしてSDM生活。

【バケペン】化け物は化け物故に上手くいかない話。

f:id:ino_null:20150127223119j:plain

PENTAX 6×7

"中華街でISOの設定を間違えたまま撮った写真。"

 

バケペン試運転の写真。

あんなにも憧れたPENTAX 6×7、通称バケペン。最近全然使ってません。

 

使いたくないのかと言われると、いつもいつでも全力で使いたいです本当。

使いたい順で言うと6×7、MZ-S、MXみたいな順かな。

ただやっぱり本当に大きくて持ち出しづらい。

 

 

少し恥ずかしいんだよね。大きすぎて。

 

同じように今週は京セラのSAMURAI Z2を構えて使ってますが、これもまぁ恥ずかしい。

写真撮ってるように見えないですからな。

「なにやってんのあのキモい人」みたいに思われるのを何よりも恐れているのです。メンタル弱いから。

 

 

まぁそれはいいとして、自分のなかでバケペンの力をフルに使った写真が一枚も撮れていないというのが悔しくて仕方がない。。。

 

 

狙った写真がうまいこと取れる素直なカメラ(レンズ)はやっぱりMZ-S。

操作性もレンズの素直さも最高。ただ、予想外の写真もあんまり取れないから遊び心はない。

そんな感じで自分のなかでバランスが取れているカメラはMX。

ほどほどに思ったものが取れる。フィルム一本につき一枚くらいは「おっ」って写真が混ざってる。

さらにいつもいつも予想を裏切ってくれるのはGR10。

でも狙ってそういう写真を取れないのが非常にもどかしい。

 

 

 

じゃあ、6×7は?

 

 

よし、日曜に持ち歩こう。日曜の撮影会に持って行こう!