読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀塩日和

フィルム写真と冒険。そしてSDM生活。

「SHIROBAKO」最終回後のフワフワ感と後から盛り上がるやる気。

f:id:ino_null:20150327000522j:plain

 

SHIROBAKOが終わってしまった。。。これから木曜はどういう気持ちで夜を過ごせばいいんだ。。。

 

どうも僕です。

今期ドハマりしてましたアニメ「SHIROBAKO」。

今週で最終回と言うことでした。

 

ino-null.hatenablog.com

ino-null.hatenablog.com

 

 

当然ながら放送30分前にはどうにか帰宅して全力で待機。

最終回の放送開始の時を待ちました。

 

そしてアッと言う間の30分が終わってこれを書いている今。

本当に良かった。ワクワクして気持ちが高ぶって、全力で夢を追いたいと思えました。

 

もう、書くことがネタバレにならないように全力で気をつけますが、今非常に感情が高ぶっているので書いてしまったらゴメンなさい。

 

「SHIROBAKO」ってなによ?

普段アニメを見ない人だってたくさんいる訳で。

僕の周りの人間も、毎週毎期見る人間が半分、もう半分はもうちょいシブい趣味だったりモテそうな趣味に打ち込む人間たちが占めています。

 

そんな様々な方々が誤解しないように気をつけつつ、一言で概要を説明をしますと。

 

shirobako-anime.com

 

SHIROBAKOとは、

「生産職に就く若手が現場の人間との折衝を経て夢のために今日も明日も働く話」です。

 

 

 

うん、シブいねぇ。

そうなんです。公式サイトのリンクのサムネイルの女の子の絵からは全く想像がつかない一言説明しました。

半分嘘、半分本当です笑

アニメを作ることを夢見て、各々現場で奮闘する5人の女の子の話ですね、本当は。

 

自分を主人公に重ねまくり

僕だってそれなりに笑っちゃうような夢を掲げて社会の荒波に飛び込んだ訳なんですが、環境に流されまくったり、目の前のことに対処することに必死で夢のことなんて考えられない主人公たちに自分を重ねて、、、もうハートにグサグサくるのです。

でも、携わっていた作品がだんだん形を成していく過程で「ああ、何かを作るっていいなぁ」「夢を追いかけていくっていいなぁ」の感動を主人公に完全にシンクロして感動してしまって。。。

 

 

まだまだ反芻します。

これを書いている今日、最終回で放送は終わってしまったものの、DVDorBDを買って家で何度も見ようと思います。

特に、何かを作るモチベーションの足りなさを感じた時、全力で走り抜けたいと思った時に通しで見てやろうと。

 

ああ、何かを作りたい。

クリエイティビティが溢れて完成に向けてワクワクするものを作りたい!!