読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀塩日和

フィルム写真と冒険。そしてSDM生活。

父親とか母親とかはなんか隠してるんじゃないのかなって話。

f:id:ino_null:20150829101212j:plain

 

どうも、僕です。

はじめに言っておきます、超妄想の話です。

 

この一つ前の記事に妖怪とかそういうものに関わる文化の話を書きました。

ino-null.hatenablog.com

"そういう文化"の話を頭の中でぐるぐる考えていると、死んだ人の供養のこととかにも頭がいきまして、あれ?うちの一族?ってどうやって供養したらいいんだっけ?ってなりまして。

 

僕は今年27歳なので同世代ではもう経験している方がいるかもしれませんが、まぁ僕は僕で全く知らないわけです。

当然、大好きだったじいちゃんたちのお葬式は経験をしましたが、まぁ僕はそこで悲しいなぁって思いながら思い出に浸っていただけなので準備のお作法とかも全く知りません。

 

例えば、本当に例えばですが、僕の父が今ぽっくりいったら僕は一体どうやって父を弔ってやればいいのかって全くわからないのですが。。。

父は常々、生まれた岩手の家のことを気にしていたので、どの土地の、どっちの家の墓に入れるだの、どういう弔い方をして欲しいと思っているだのあると思うんです。全く知りませんが。

 

※例えとして挙げていますが、父は僕の10倍丈夫でエネルギッシュな人なのでまだまだイメージがつきません。。。6m四方のリングで3ラウンド戦ったら殺される自信があります。

 

経験した方はともかくとして、僕くらいの年齢の人たちってそういうの知ってるものなんですかね?知らないの僕だけ?

 

一つの可能性

仮にです、本当に仮に「葬式とかそういうののやり方」を知らないのが僕だけだった場合。同世代の人間はみんな父母祖父祖母からちゃんと聞いて受け継いでいるよって場合。

 

逆にウチになんかあるんですかね?なんか...秘密、みたいな。

 

 

 

 

 

 

「父が死んだら、母が秘密のアイテムを渡してくる」みたいな。

 

 

我が家には代々家長に受け継がれる石で作られた仮面があって、お父さんがこれをあなたにって。みたいな。

 

 

そのうち父と縁があったものです、みたいな同世代の青年が訪ねてきて僕とライバル関係になって、毎度毎度いざこざを起こしていって。ある時一人の女性を奪い合って争った末に、感情がエスカレートしていった僕らの争いの隙を見て、僕が父から受け継いだ石の仮面をその青年は奪い去って、去り際に「俺は人間をやめるぞーーーーー!!」って

 

ジョジョだこれ。

 

 

全体的な謝罪

えー、朝方に頭がふわふわしている時に思いついたから書きたくて仕方なくて書きました。

他意はありません。まぁ冒頭の事くらいは考えとかないとなぁと思っています。

 

あと、ジョジョ好き。

 

銀塩日和の趣旨とあってるかとかも知りません。書いててたのしかったです。楽しすぎて20分くらいで書けました。

 

特に、あの、メッセージとか言いたい事とかはないです笑

貴重なお時間を無駄にしてしまいすみませんでした。

お時間いただきありがとうございました。

 

こちらからは以上でーす!

 

[以下、テンプレ]--------------------------------------------------

 

【9/4〜9/7】初めて写真展に参加します。

 よろしければ是非ごらんください!

ino-null.hatenablog.com

 

「flickr」始めました。(ちゃんと弄り始めました)

たまに更新します。ブログに載せる以外の写真がたまに載っております。

www.flickr.com

ぬーんと眺めてやってください。