読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀塩日和

フィルム写真と冒険。そしてSDM生活。

【後編】ゆとりが原付で日本縦断した22日目。原付だと怖いよ大都市名古屋!たまごコロッケ×名古屋城×矢場とん

f:id:ino_null:20160117202334j:plain

どうも、僕です。

まだ、僕がフィルムカメラに出会う前、日本中を原付で回って写真の楽しさに触れたきっかけの一人旅を振り返るシリーズ。

2012年の夏、22日目の午後を振り返ります。

 

 

これまでの日本縦断の道程まとめは↓

ino-null.hatenablog.com

 

この日前半の旅の様子は↓

ino-null.hatenablog.com

 

午前中に見て回った愛知県犬山市を離れ、愛知県の中心であるところの名古屋をめざすことにする。この日の宿を名古屋にとっていたからだ。

名古屋は久しぶりの大都市だ、いろいろ買い揃えたいものもあるし、旅の立て直しにちょうどいいかもしれない。

 

などと言っている途中で、そこそこ大きな靴屋を発見。ここで一旦買い物をすることにする。というのも、以前から履き物をどうにかしたいと思っていた。

出発から旅を共にしていたのは↓こういうタイプのワークブーツ。悪路だって歩きやすいし、それなりに頼もしかったのだけど、雨に弱すぎる。原付で雨の中でも走らなきゃいけないこの旅では、雨の日の後に連日連夜履き続けるのはちょっと厳しい。

あと、洗濯物をできる限り減らしたいこの旅で、"靴下"っていうものが邪魔だって感じてたりする。

 

そこで、サンダルとスニーカーの中間みたいな靴を購入。(探してみたけど、今売ってないんですね、このシリーズ)

f:id:ino_null:20160117202333j:plain

軽いし、それなりに丈夫で水洗いができる。このまま海に入ってしまっても足を怪我しない。原付旅ならこれで大丈夫でしょう。かかともあるし。

全天候使えるこの靴がこの先結構活躍してくれた。

 

さて、名古屋にはいった時に、twitterで是非とも食べるといいよ、と教えてもらったものがある。

"たまごコロッケ"が安くて美味しいらしいのです。ちょうど通り道だし、これは食べるっきゃないね。江南駅へ急行!

f:id:ino_null:20160117202335j:plain

こちら、コロッケ屋さん。藤田精肉店。ちなみに、あまりにもうっすら営業していて外から見つけるのに苦労して辺りをうろうろし続けてしまった笑 一人でコロッケを揚げているおばあちゃんに"たまごコロッケ"を注文。35円だ。

f:id:ino_null:20160117202336j:plain

うん、あげたてサクサクで、たまごがジューシー。中のたまごがおいしいからソースもいらないね。これはイイおやつですわ。近所にあったら毎日通っちゃうかもしれない。

blog.goo.ne.jp

 

さて、もっと市内の中心部へむかう。午前では素敵なお城を見れたし、ついでにもう一つお城観光と洒落込もう。

f:id:ino_null:20160117202337j:plain

f:id:ino_null:20160117202338j:plain

付近へ相棒を駐車。ここから歩くことにする。

f:id:ino_null:20160117202339j:plain

夏の雰囲気がイイね。木陰のベンチで一旦休憩。じりじり刺すような日差しを避けてぼーっとする。一人旅は気楽でいい。なんとなく休憩がしたくなったら休んで、なんとなくどこかに行きたくなったら勝手に行く。それができるのが一番の魅力だ。誰にも気を使わなくていい。

ぼーっとして休憩にも満足したので、いよいよ城を見に行くことにする。

f:id:ino_null:20160117202340j:plain

f:id:ino_null:20160117202341j:plain

おお、これが名古屋城!派手派手だ!

名古屋城公式ウェブサイト

この旅二つ目のお城!午前に見た犬山城とくらべると雰囲気が全然ちがう。豪華絢爛、あと大きい。さすが日本三名城。

f:id:ino_null:20160117202342j:plain

もっと近づいてみると、雨樋(あまどい)みたいなものがある。。。

お城に雨樋?はて。。。

と疑問をもって中に入るとその理由が判明。こちらの名古屋城は築城時からずっと残ってたわけではなく、復元されたお城なのね。もとの本丸は太平洋戦争の名古屋大空襲で焼けてしまったとか。。。ああ、もったいない。。。

f:id:ino_null:20160117202343j:plain

復元されただけあって中はハイテク。エアコンで涼しいですもん。中にエレベーターありましたもん。

渋い歴史の味を感じるための観光ではなかったかな、当時の貴重な資料なんかは見てて楽しかったけれど。

 

さてさて、夕飯でもたべましょう。このときたぶんちょっと急いでた。大都市名古屋の慣れない道を原付で走るのが本当に怖かったからだ。車線は多いし、車はビュンビュン走るし、なんだここ!?ってなってた。だんだんと走るのが辛くなってきてしまったので、早めにご飯を食べて宿に向かおう。

f:id:ino_null:20160117202344j:plain

夕飯はここに決めていた。名古屋出身の後輩のおすすめ、みそかつ「矢場とん」だ。

f:id:ino_null:20160117202345j:plain

www.yabaton.com

名古屋といえば味噌かつだよねと。矢場町本店へ。実はしらなかったのだけど、名古屋でみそかつといえば「矢場とん」と言われるくらい、有名なお店なのね。

「わらじとんかつ」というわらじのような大きさのとんかつがおすすめだと言われていたけど、サンプルのサイズを見てちょっと尻込み...食べきれない自信があったので、みそかつ丼を注文。。。これでも十分量があるじゃないか笑

f:id:ino_null:20160117202346j:plain

正直食べるまで不安に思っていた味噌タレの味は、思っていたよりあっさり。濃厚でベタベタする感じではなく、新潟で食べたタレかつ丼のまろやかで深みを増したバージョンって感じ。濃厚過ぎない分、お肉の味がじんわり感じられて美味しい。こんなにもバランスのいい食べ物だったのか、味噌カツっていうのは。うん、ご飯が進む。(僕の最高の褒め言葉笑)

 

お腹も膨れたし、今日のお宿へ向かう。といってもすぐ近所なのだけど笑

f:id:ino_null:20160117202347j:plain

 

数分走ったところで、この日のお宿、ゲストハウス音速別荘に到着!

f:id:ino_null:20160117202348j:plain

www.otohaya.com

どうでもいいけど、どうしてこうゲストハウスのホームページってぶっ飛んだものが多いんだ。。。(PC版がなかなかのデザインです。なかなかです)

f:id:ino_null:20160117202349j:plain

ドミトリの一角に陣取って休息場所を確保!このゲストハウス、沖縄風らしいです。

f:id:ino_null:20160117202351j:plain

確かに素敵な雰囲気。雑多ですがそれがまた良い。

f:id:ino_null:20160117202350j:plain

夜は近所の人やら、ヘルパーさんやら、長期宿泊の人たちとだらだら宴会。酒を飲んで、いろんな話(主に下ネタ)を聞いてケタケタ。旅途中の宴会ってよいねぇ。

 

 

【次回予告】Go WEST !