読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀塩日和

フィルム写真と冒険。そしてSDM生活。

都内でタイムスリップ。たてもの園のレトロな雰囲気をフィルムカメラで切り取る。

f:id:ino_null:20160325230531j:plain

 

 

どうも、僕です。

突然ですが、大正浪漫ていい感じですよね。"ロマン"じゃないんです"浪漫"なんです。ああ素敵。僕をそんな世界に引き込んだのは間違いなくサクラ大戦でしょうね。すみれさんが大好きです。3作目のオープニングムービーはマジで釘付けになりました。オープニングだけで制作費3億円ですって...笑

サクラ大戦ドットコム

 

おっと、大正浪漫の話でした。僕は大正に限らず古い町並みや、人の営みが見えるような古民家なんかは大好きなんです。その生活の息遣いが見える感じがするからでしょうかね。

ちょっと前も、目黒区の古民家に写真を撮りに行ってきました。

 

ino-null.hatenablog.com

 

これがすごく楽しくて、それ以来少し昔の雰囲気が残ったところにレンズを向けるのが癖になってしまいました。そんな僕の最近を知ってか知らずか、面白いところがあるよ、ということである方が小金井公園 江戸東京たてもの園という場所へ連れてってくれたので写真付きで紹介しようと思います。結論から言いますが、最高でした。写真が趣味な方、東京近郊に住んでいる方、本当にカメラ片手に遊びに行った方がいいです。ワクワクします。

 

ぱっと見ショボいぞ!たてもの園

小金井公園|公園へ行こう!

tatemonoen.jp

この日持って行ったカメラはPENTAX MZ-S。35mm,50mm,77mmの3本のFAレンズをバッグに突っ込んで軽快に撮影しました。やっぱりファインダーの気持ちいいカメラは楽しいですね。

ただ、ハーフカメラにフィルムが残っていたので先にそれを撮りきってしまうことにします。リコーオートハーフで撮ったたてもの園の敷地外からの外観が下。

 

 

f:id:ino_null:20160326094000j:plain

 

なんか。。。いまいちですね。3月中旬の寒空の下。少し寂しい公園の様子といった感じでしょうか。正直僕はこの時点で期待薄でした。

 

入り口くぐってタイムスリップ!ここは本当に2016年か?

びっくりです。いや、本当。入り口のゲートをくぐると、時代が変わったんじゃないかってくらいの雰囲気が待ち構えています。

 

f:id:ino_null:20160325230518j:plain

 

どうですこの田舎感!東京都内ですよ?長野の山奥じゃないんです!(完全にイメージですけど笑)

そう、このたてもの園。日本中からさまざまな昔のたてものを移設して保存してある施設なのです。施設内はほとんど撮影自由ですし、上の写真の農家のような、いかにも古民家って感じのたてもの以外にもいろいろなたてものが展示してあります。場所によって、江戸時代風、洋風、大正風などなど、園内歩いていて全く飽きがきません。はっきり言って写真が趣味の人間にとってここは楽園です。

 

僕が訪れたこの時、時期もちょうどよく、園内には今年最後の梅が咲いていました。

 

f:id:ino_null:20160325230519j:plain

 

f:id:ino_null:20160325230520j:plain

 

f:id:ino_null:20160325230521j:plain

 

f:id:ino_null:20160325230522j:plain

 

f:id:ino_null:20160325230523j:plain

 

梅と古い農家はオツなものですね。勝手なイメージですがお団子とシブーいお茶が飲みたくなります。

 

f:id:ino_null:20160325230524j:plain

 

 

田舎感だけじゃない。ハイカラだって感じる。

それにしても時期が良かったのか、梅が綺麗ですね。梅の花をそれだけで見ても素敵ですが、人の暮らしの隣にある花というのが僕はとても好きです。まぁここに人は住んでいないので暮らしはないのですが笑

 

f:id:ino_null:20160325230537j:plain

 

f:id:ino_null:20160325230538j:plain

 

f:id:ino_null:20160325230539j:plain

 

たてもの園にある様々な建屋は建てられた時代も多岐にわたるので、高級住宅街に建っていた家やとある財閥ゆかりの豪邸などなど、ハイカラな家も並んでいます。なんとこれらの家でもきちんと中に入って見学ができるのです。最高。

 

f:id:ino_null:20160325230540j:plain

 

f:id:ino_null:20160325230543j:plain

 

 少しレトロで、でもハイカラなキッチンでもシャッターをパシャり。

 

f:id:ino_null:20160324000242j:plain

 

f:id:ino_null:20160324000243j:plain

 

何かもの想いに耽る洋間で時間を意識してパシャり。

 

f:id:ino_null:20160325230547j:plain

 

f:id:ino_null:20160325230549j:plain

 

それぞれの建物が、単体で主役になれるような物語を持っていると思うのですが、それを好きなだけ味わえるというのが素晴らしいですね。これだけあれば自分の心の琴線に触れるような物語が見つけられると思うのです。

 

じゃあ僕のお気に入りのところはどこかというと...

 

都内で大正ロマンを味わえるって素晴らしくないか?

 

冒頭で出てきた大正浪漫なのです、僕が大好きなのは。だって民衆の文化ですよ、街の文化の時代です。人の暮らしをありありと感じられる素敵な時代なんじゃないでしょうか?

このたてもの園では素晴らしいことに、その大正の雰囲気が単体の建物ものじゃなく、街並みとして再現されているんです!

 

f:id:ino_null:20160325230526j:plain

 

f:id:ino_null:20160325230527j:plain

 

f:id:ino_null:20160325230528j:plain

 

f:id:ino_null:20160325230530j:plain

 

f:id:ino_null:20160325230529j:plain

 

f:id:ino_null:20160325230532j:plain

 

f:id:ino_null:20160325230533j:plain

 

f:id:ino_null:20160325230534j:plain

 

f:id:ino_null:20160325230536j:plain

 

 写真に収められたものだけでも、醤油店、染物屋、酒屋、銭湯、民家などなど当時の人々が集まる素敵レトロな雰囲気が味わえました。何度も言いますが、これ2016年なんですよね笑

 

少し時間がゆっくりになったような雰囲気で日常のバタバタから解放された感じがありました。季節ごとに建物や植物が表情を変えるらしいので、一年中違う楽しみ方ができるんじゃないでしょうか。近場でタイムスリップ体験をするなら足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

僕は桜の季節にまた行きたいです。

 

 

 

今回使用したフィルム

 今回活躍したレンズ

 ※相変わらずの単焦点バカです。