読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀塩日和

フィルム写真と冒険。そしてSDM生活。

或る学生サラリーマンの一日。銭湯「日吉湯」でリラックスしてビールを飲む。

思ったこと・妄言 大学院(SDM) レビュー デジタルカメラ PENTAX K-S1

f:id:ino_null:20160420004551j:plain

不思議な単語"ラジウム温泉"。意味は大人になっても分からなかった。
 
どうも、僕です。
先日会社員と大学院生の二足のわらじ生活について、頑張るぞみたいなエントリを書いたのですが、頑張れ!という応援の声を本当に一杯いただきまして......もうなんかコメントを見るにつけて本当にありがたくて、モチベーションがうなぎのぼりです。
もちろん厳しいお声も頂いたんですが、「もっと本気になれよ」という主旨だと解釈したので、もうこりゃ全力で突き進むしかないなと、心の奥でふつふつと何かが燃える感じがあるわけです、本当。
このエントリとブコメはこれから2年の間、僕のモチベーションのよりどころとして大事にして、たまに見返すことにします。
 
 
さて、二足のわらじ生活もだんだんと加速をしてきまして、4月も中ごろになってくると会社も学校もだんだんと忙しさを増してきました。年度末ボケが直ってきた感じですかね。
まだまだ、"忙しさで目が回る"というわけではないのですが、日々の疲れがだんだんと身体にたまってきているのを感じてきました。ちょうど毎日の生活リズムを作り直しているところですし、ちょっとした癒しみたいなものを生活に組み込んでみようかななんて思います。
肉体の疲労回復といえば温泉!サウナ!
そういうわけで、近所によさげな銭湯があるので仕事と授業が終わった後に散歩を兼ねて行ってきました。
 

 

2015年、東京園ロスの衝撃 

僕が現在住んでいるのは、横浜市の日吉という町。隣の駅に綱島温泉東京園というそれはそれは素敵なお風呂屋さんがあったのですが、残念なことに少し前に営業停止してしまいました。(復活の噂もあるので、今は静かに待つことにしますが。。。)
 
 
そんな東京園ロス以来、お風呂屋難民と化していた僕ですが、実はこの周りには色々な銭湯(温泉も)があったらしいのです。
この日は東京園のような黒い温泉に入りたいと思い、横浜市営地下鉄グリーンライン日吉本町駅」から徒歩5分以内の「日吉湯」に向かいます。
 
 

世は短し歩けよリーマン

この日は仕事の関係で朝から神奈川の端っこに外出をし、数件の打ち合わせをこなし、会社に戻って前の仕事の引継ぎを済ませます。日が落ち始める頃には定時ダッシュをして学校へ。講義教室のなるべく前へ位置取って「社会調査法」の授業を受けます。
その後もろもろの課題を済ませて、時間は22時ごろ。一度家へ戻り、余所行きの格好を脱いで、ジャージとTシャツ、パーカーに着替えます。散歩を兼ねるということで、家からテクテク歩いていくことにしましょう。
東急の日吉駅からだと大体20~30分くらいでしょうか。疲れた頭には気分転換にはちょうどいい距離ですね。
 

f:id:ino_null:20160420004559j:plain

夕飯をコンビニで買ったおじさんの背中に哀愁を感じる。 
 
この道をこの時間歩くのは初めてなので、少しだけ新鮮なような、若干怖いような気分。夜のお寺の横を通る時とか結構ビクビクです。
 

f:id:ino_null:20160420004600j:plain

 

 

f:id:ino_null:20160420004558j:plain

日本の夜の風景は自動販売機な気がする。

 
尚、夜散歩に使ったカメラはK-S1。レンズは僕の観測範囲のカメラクラスタが最近オールドレンズを使いまくっているのでうらやましくなってしまったので、Super Takumar 55mm F1.8を持ち出しました。万能で、操作感触の良いお気に入りのレンズです。
 

日吉湯はどこにでもある街の銭湯。故に良い。

f:id:ino_null:20160420004555j:plain

もう少し焦点距離の短いレンズを持ち出せばよかった。

 
さて、到着しました「日吉湯」。外観はこんな感じ。びっくりするくらい普通に住宅街の中にあります。ここが温泉だって言うんだから日本ってとことん温泉の国だなぁって思いますね。
 
 

f:id:ino_null:20160420004557j:plain

 

 
料金はこんな感じ。タオルとシャンプーその他はキチンと持ってきているので670円でお風呂とサウナのチケットを買います。
 

f:id:ino_null:20160420004552j:plain

友達の家みたいな気楽さ。いいね。

 
ただの日記なので、お風呂の中は当然写真はなし。昔ながらの街のお風呂屋さんという感じでした。大きく分けて湯船は二つあり、一番大きなジェットバス的な透明なお湯に比べて黒い温泉は小さめですが、東京園を思い出させる濃厚な温泉でした。
サウナでばっちり汗を出して、日ごろの疲れをとります。折角だからサウナの中で4月前半の授業で学んだ全てのことを復習しようと思ったのですが、倒れそうになったのでやめました笑
 

f:id:ino_null:20160420004554j:plain

漢が一度出したお金をしまえるかよ!

 
こういう100円が帰ってくるタイプのロッカーって、そのまま100円を財布には戻しづらくなりますよね、そういう作戦なのかな。折角だからその作戦に乗っかって、フリーな100円で牛乳でも買おうかと。。。
 

f:id:ino_null:20160420004553j:plain

昔は100円だったんじゃなかろうか。若しくはロッカーを120円にすべきだ。面倒だけど。

 
120円か。。。なんとなく、このままこの場で20円を財布から追加で繰り出すのはためらわれたので、ここではがまん。血を吐く気分で我慢......!!!
 

帰りも散歩。ビールを求めて若造の散歩。

f:id:ino_null:20160420004556j:plain

住宅街なので、街灯も極少。暗がりをスイスイ歩け。
 
帰りも同じ距離をテクテク歩きます。温泉で火照った体に、まだ少しだけ冷たい夜風が触れて気持ちいいですね。夜の散歩が一層爽やかになります。
 

f:id:ino_null:20160420004550j:plain

コイツ...誘ってやがる。
 
暗い道にやわらかく光る居酒屋に吸い込まれそうになります。ビール一杯くらい軽く飲んじゃいたいですね。今度は狙いを定めてお風呂の後に寄ってみるのもいいかも知れません。ちょっと初めてのお店に一人で入るのは気合がいるので、この日は断念。ただ、お風呂上りにビールを飲む案には賛成。
 

f:id:ino_null:20160420004549j:plain

帰宅してお気に入りのグラスで飲むことに。

 
そういうわけで、帰りにコンビニで"水曜のネコ"を購入。さっきの100円にはここで成仏してもらいました。120円より全然高くなってるって?いいんです、気分なんだから。
程よくさめてきた体に爽やかなエールビールがしみていきます。
 

f:id:ino_null:20160420004548j:plain

こうやって心と体の健康を保つのです。
 
少し課題の論文を読み進めたら、2時を回る前には寝る事にしましょう。明日も朝からサラリーマンです。
こちらからは以上でーす!