読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀塩日和

フィルム写真と冒険。そしてSDM生活。

ゆとりが原付で日本縦断した32日目。離島満喫編。直島×芸術巡り×夜はバーでリラックス

原付で日本縦断 物欲

www.nicovideo.jp

 

どうも、僕です。

4月からの新生活のせいでだいぶ更新が滞ってしまったけれど、久々の原付日本縦断シリーズ。2012年の夏に当時付き合っていた子に振られた勢いで横浜を飛び出し、そのまま原付で日本を縦断した旅。

 

ino-null.hatenablog.com

 

前回は岡山県でナイスな店長に背中を押されて、勢いで香川県の直島に来てしまったところから。前日にゲストハウスでケタケタ笑って飲み会をやった後遺症で、例のごとく寝坊。

 

twitter.com

 

他の旅人が宿を発っていく中、めげずに出発の準備をする。

 

twitter.com

 

twitter.com

 

この直島、ただの瀬戸内の離島ではなく、ちょっと特殊なことで有名な島。

www.naoshima.net

 

twitter.com

 

そう、それは上の写真にもある通り、アートで有名なのだ。1990年代からベネッセによって、アートによる島おこしが始まり、今では古き良き日本の離島の雰囲気と感覚にビシビシ訴えてくるような数々のアートが島じゅうに同居する不思議な島になっている。タイミングが合えば国際アート展なんかもここでやっているらしいけど、この時はタイミングが合わなかったようで......残念。

 

 

絶対に見て欲しい地中美術館

島中がアートなので、どこから見てもどれでも楽しいのが直島なのだけど、その中に一際大きな美術館がある、それが"地中美術館"だ。

 

benesse-artsite.jp

海に面した島の一部を大きく使い、建物のほとんどを地中に埋没させたこの博物館はは、その立地の助けもあってすごくインパクトがある。数々の展示物があるが、とくにインパクトがあったのはウォルター・デ・マリアの「タイム/タイムレス/ノー・タイム」という作品。作品の写真を撮ることはできなかったためリンクのみでここでは紹介をするが、とにかく広大な部屋に中心が明示されるように配置された人工的な球体、自然光がそこに差し込むことで不思議な雰囲気を醸し出している空間、それがこの作品のすべてだ。

 

f:id:ino_null:20160423144357j:plain

このポストカードに写る写真がその作品。

 

朝一の誰よりも早く入場したからかもしれないが、僕が入った時にはその場には僕しかおらず、人工的な空間と静寂しかなかった。ここまでとにかくいろんなところを原付で走り回ってきて、自然の音、人の音、人工的な音、いろんな音に囲まれながら旅をしてきたので、静寂しかない空間というものがとにかく衝撃だったのだろう、僕は中心の球体と対峙する形で誰かが部屋に入ってくるまでずーっとそこに立っていて、様々なことに思いを巡らせていた。

僕の拙い言葉ではうまく説明ができないので、是非実際に見に行っていただきたい。

 

 

離島というかオーガニックな昼食

直島には上で語った地中美術館だけでなく、"家プロジェクト"という古民家とアートを融合させた芸術作品群があったり、ところどころに草間彌生の作品が展示されていたりする。

benesse-artsite.jp

その半分くらいを午前中に堪能したところでお腹がすいてきた。直島らしく、古民家カフェもある。webで調べて気になった「あいすなお」さんでご飯を食べることにした。

 

twitter.com

 

twitter.com

 

twitter.com

tabelog.com

島のお食事というよりは、オーガニックな自然観を大事にした食事という感じ。ここはとにかくランチセットのお汁が美味しかった。ああ、自分って日本人なんだなって言うのを全力で思い知るくらい和風な味付けに全力でハートキャッチされてしまった。

 

 

四国上陸!そして夜はバーでしっぽり

さて、直島を全力で楽しんでいたが、ぼちぼち時間が来てしまった。なんとなくの予定だが、この日は徳島まで行こうと思っていたのだ。お昼のフェリーを逃すとちょっとその予定が怪しくなる。

まだ見ぬ島の半分に後ろ髪を引かれつつ、泣く泣くフェリーに乗る。

 

twitter.com

 

さて、このあとフェリーを降りて高松でセルフうどんを食べてみたり(ものすごく美味しかったし安かった)、山ので迷ってみたりしつつ、快調に南下していく。何故こんなにも急いで徳島を目指しているかというと、この日の夜に徳島大の友達と会う約束をしていたからだ。その友達は夜に徳島の駅前でバイトをしているというので、そこへ一度お邪魔することになっていた。今日だけで移動距離はかなりのものだけど、せっかくの約束なので、街灯の少ない四国の夜を原付でグイグイ飛ばしていく(30km/hですよ)

 

twitter.com

 

そうして到着したのが、この「アンカー・ベイ」というバー。ここで友人がバイトをしているらしい。原付を近くの公園に止め、バーで飲んでしまおう。

 

twitter.com

 

カウンター越しにここまでの旅の一端を話しながら、ちょっと強めのお酒を飲んだ。なかなか夜にリラックスしてお酒を飲む機会もなかったので、最高に気持ちのいい夜だった。次の日の朝から遊ぶ約束をしてこの日は一度友人とバイバイ。彼女がまだ働いているうちに僕は公園でテントを張って野宿をした。次の日は徳島で1日遊ぶことにしよう。

 

番外編。旅の中の物欲。

 どうやら、この辺りから欲しい機種を物色し始めたらしい。。。

twitter.com

COMING SOON......