読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀塩日和

フィルム写真と冒険。そしてSDM生活。

ゆとりが原付で日本縦断した43日目。ハロー旅人ライダーズ。軍艦島×旅人集合×爽快感

原付で日本縦断

f:id:ino_null:20160804020228j:plain

昨日の女子大生にはコメントを書いてもらう。

 

どうも、僕です。

相変わらず更新頻度がまちまちですが、2012年夏の原付日本縦断旅行の振り返りシリーズです。なお、ここまでのまとめは⬇️

 

ino-null.hatenablog.com

 

一晩あけて、この日は長崎市内のゲストハウスからスタート。昨晩楽しい宴会をした皆さんとバイバイをして、街中へ躍り出る。今日は長崎の南側を中心に見て回ろう。

 

f:id:ino_null:20160804020227j:plain

さあ、今日も走るぞ!って感じの写真。

 

まずは随分前から見たかったものがあったので、港へ向かう。天気はそこそこ、気温も高いしとにかく夏っぽい。

 

f:id:ino_null:20160804020226j:plain

港までやってきた。さすが港町、周りに船が沢山ある。

 

f:id:ino_null:20160804020225j:plain

旅人の原付だ!勝手に僕の相棒の"菌"を置かせてもらった。

 

港に原付を止めると、僕とは別の旅人の原付を発見。どうやら大阪から来て九州一周中らしい。旅人の姿は見えないが、近くにいるのだろうか。

 

僕がここにきてみたかったものは、長崎が誇る炭鉱の島、廃墟マニアがテンションを上げることで有名な「軍艦島」だ。市内からフェリー観光のツアーが出ているため、僕はそのフェリー乗り場へ来ていた。

 

f:id:ino_null:20160804020209j:plain

今から軍艦島へ!

 

f:id:ino_null:20160804020224j:plain

この船で軍艦島まで向かう。

 

f:id:ino_null:20160804020222j:plain

お姉さん!受付のきれいなお姉さん!行ってきます!

 

岸にスタッフのお姉さんを残していよいよ軍艦島へ出発。。。と思っていたら、僕と同じような旅人みたいな格好をしたにいちゃんを発見。同い年くらいに見えたので、声をかけてみた。するとやはり彼こそが、あの九州一周中の原付の持ち主だった!いろいろお話をしていたらすぐに意気投合をしたので、軍艦島に行くまで楽しい旅の話でひとしきり盛り上がる。

 

f:id:ino_null:20160804020221j:plain

九州一周中の旅人さんが持っていたのはRICOHのCX3。またマニアックなものを。。。いや、語り合ったけども。

 

f:id:ino_null:20160804020220j:plain

三菱の超大型クレーンだ!うおおお、テンションが上がる!男の子だもの!

 

九州一周中の彼は、僕よりも道程が進んでいるらしく、九州の南側のこともいろいろおしえてくれた。これでもっと先々の旅が楽しくなりそうだ。。。と話していたら船内のアナウンス、どうやら軍艦島が見える位置まで来たらしい。

 

f:id:ino_null:20160804020218j:plain

どうよ、この風貌。この青さ。素敵じゃないの。

 

目の前に現れた軍艦島は、青い海と青い空に挟まれて異様な存在感を放っていた。うん、格好良い。島に近づけば近づくほどワクワクが止まらない、なにせ今から島に上陸できるのだ。

 

f:id:ino_null:20160804020217j:plain

さてさて、上陸しますよ。

 

降り立った島は、外から見ると想像がつかなかったほど荒れ果てている。ここに来るまでに見た、まだ炭鉱として機能していた町の面影はほとんど残っていない。青々と広がる夏の空にこの荒れ荒れな廃墟のコントラストが不思議でしょうがない。なんかすごい場所へ来てしまった。。。

 

f:id:ino_null:20160804020215j:plain

すごく、、、開けた、、、明るい廃墟です。

 

f:id:ino_null:20160804020216j:plain

廃墟の上は夏の空。夏休み感がすごい。

 

この辺りに残る建物は全て人が住んでいたり、町として営みを行っていたものの名残らしい。人がいなくなるだけでこうもボロボロになってしまうものなのね。

 

f:id:ino_null:20160804020214j:plain

相当に凝った作りの建物だったのだろうなぁと。もうボロボロになっちゃったけどね。

 

f:id:ino_null:20160804020213j:plain

モノクロの試し撮り。モノクロにすると映えるね。

 

f:id:ino_null:20160804020212j:plain

実はこの辺はバッチリ立ち入り禁止。だって危ないからね。立ち入り可の柵の中から写真を撮っています。

 

f:id:ino_null:20160804020211j:plain

中にはきちんと建物の形を残しているものも。でもこれも何年持つか。

 

いろいろとカメラの使い方を試しつつ、記念写真をぱしゃり。

 

f:id:ino_null:20160804020155j:plain

当時の僕。ヒゲ。

 

思えばすごい体験をしてしまったような気がする。日本にもこんな場所があるんだなぁ。後ろ髪引かれるけども、時間なので島とはバイバイだ。ノスタルジックとワクワク感を併せ持った不思議な場所だった。

 

f:id:ino_null:20160804020210j:plain

バイバイ軍艦島

 

岸に戻って、旅の出会いということで九州一周中の彼にコメントを書いてもらう。

 

f:id:ino_null:20160804020208j:plain

彼です、九州一周中の人。

 

すると、twitterで連絡を取っていた別のライダーさんがタイミングが合ったから、と合流してくれた。すごいぞ長崎。旅人ホイホイだ。

 

f:id:ino_null:20160804020207j:plain

そして別の旅人さん。

 

九州一周中の彼の相棒をぱしゃり。

 

f:id:ino_null:20160804020154j:plain

彼はこれから北上って言ってたかな。

 

f:id:ino_null:20160804020206j:plain

 コメントありがとう!

 

応援メッセージももらったので、旅の残りも頑張って楽しむぞ。そう思って意気揚々と港から出発。ところが5分ほど走った場所で信号待ちをしていると、どこかで見たことのある後ろ姿。。。あ、彼女は広島の宮島前のゲストハウスで会った子だ!

 

f:id:ino_null:20160804020153j:plain

 めっちゃ笑顔だったので一枚もらいました。

 

どうやら、広島から電車を乗り継ぎ乗り継ぎで九州へ来ていたらしい。なんという奇遇笑 道端でここまでの冒険を共有しながらお互いにエールを送ってバイバイする。すごいな九州。旅人がいっぱいだ。

 

 

 

と、ここまでがざっくりとこの日の午前中の様子。お昼までのブリッジに何か食べたくはなってきた。長崎といえばなんだ。ちゃんぽんか。そうだ、ちゃんぽんだ。

 

 

f:id:ino_null:20160804020205j:plain

長崎ちゃんぽん及び皿うどん発祥のお店らしい。

 

そんなわけで、ちょろっと調べて有名だという「四海樓」へ。(全く知らなかった。ものすごく有名だったのね)

正直お店がきれいすぎて、テント生活で汚らしい僕には肩身が狭すぎたのだけど、それは置いておいて、とにかくちゃんぽんが絶品。本当に美味しいちゃんぽんて、麺がもっちもちなのね。スープまで一瞬で飲み干してしまった笑

 

f:id:ino_null:20160804020204j:plain

長崎といえば極上のちゃんぽん!

 

さて、ひとしきり街中で満足し切ったところでぼちぼち移動をする。思えば長崎に3日も滞在していたのだ。今度は阿蘇を目指したいが、福岡まで戻ってそのまま下るのが良さそうだし、一旦西へ戻ることへしよう。

 

 

f:id:ino_null:20160804020203j:plain

途中、道の駅みたいなところでアイスを食べました。

 

f:id:ino_null:20160804020202j:plain

ふと素敵な風景に出会えるのが素敵。

 

f:id:ino_null:20160804020201j:plain

夏みたいだ。。。夏だけど。

 

途中温泉に入りたい気分になった。それも猛烈にだ。そういえばもう3日と温泉に入っていない。(風呂には入ってるんですよ。温泉に入っていないというただの贅沢です。)近くで温泉を検索し、そこへ原付まっしぐら。

 

見つけたのはシーボルトの湯という温泉施設。安かったし、お湯の感じも気持ちが良かった。足を伸ばしてリラックスできるというのは本当にいい。カウンターのおばちゃんもすごく感じが良くて、旅の途中ということを告げると本当によくしてくれた。

 

f:id:ino_null:20160804020159j:plain

嬉野温泉シーボルトの湯。充電もさせてもらって感謝しかない。

 

さぁ、体も心もリラックスできたのでもう一走り。

 

f:id:ino_null:20160804020158j:plain

途中きれいな橋が。。。でも体力がなかったのでバッチリ写真に撮ったりはせず。

 

結局この日はかなりの長距離を走り、福岡県の道の駅までたどり着いた。今晩はそこでテント泊だ。明日は阿蘇までいけるかな。