読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀塩日和

フィルム写真と冒険。そしてSDM生活。

ゆとりが原付で日本縦断した53〜54日目。最後の県に突入!西郷どん×東京ボケ×沖縄上陸

原付で日本縦断

f:id:ino_null:20160903174338j:plain

久しぶりに相棒の原付「おまる一号」と合流!

 

どうも、僕です。

ちんたら書いてるこの2012年原付日本縦断シリーズですが、意外と皆さんがっつり読んでくださって本当に嬉しいなって思います。いやホント。

前回衝撃の無職への転身でしたが、今回でようやく最後の都道府県に到着しますです。

 

なお、例のごとくここまでの旅の様子はこちらの記事からどうぞ。

 

ino-null.hatenablog.com

 

 

さて、なんだかんだバタバタとあったけど、鹿児島の友人シンジローの家で起床した。朝のエネルギーが有り余っていたのでこの日もシンジローの家の漫画をめっちゃ読んだ。

 

f:id:ino_null:20160903181522j:plain

さぁ、旅を始めよう!!何の漫画を読んだ影響を受けているかは見てのとおり。

 

数日ほどお世話になったシンジローにはお別れを告げ、鹿児島を走り回ってみよう。鹿児島といったら何だ。種子島宇宙センターか、黒豚か、いいや違うね。

 

f:id:ino_null:20160903174343j:plain

歴史とね、文化ですよ。この旅の振り返りをしながら僕のこの教養の高さを見せつけていこうじゃないの。

 

f:id:ino_null:20160903174344j:plain

絶対パワータイプだと思う日本の偉人No.1

 

そう、鹿児島といえば薩摩藩。薩摩といえば西郷高盛だ。高知では龍馬を見た僕としては鹿児島ではこの人を見ておいて間違いがない。なお、バリバリ理系で大学受験すら政治経済を選択した僕には、西郷どんが何をした人かぶっちゃけよくわかっていない。あれだ、犬を散歩している的な西南戦争的なアレだろう。

 

f:id:ino_null:20160903174346j:plain

なお、近くにあった自動販売機に写る西郷どんの胸には風穴が空いていた。虚か。

 

旅も終盤だしおみくじ占っておくかね

ぶっちゃけると、まぁまぁ旅も終わりに近づいている。北海道をスタートして2ヶ月弱まぁよく走ったと言ってもいいだろう。これまで様々な経験をしてきた僕だが、一つ大きな心残りがある。それがおみくじだ。ここまで旅を占うおみくじでずっとずっと中途半端な結果を残してきた僕としては、ここいらでホームランを一発打って旅の終盤に花を添えたい。

 

f:id:ino_null:20160903174348j:plain

そんな思いがあってかなくてか、とりあえず神社にやってきた。お参りはね、無事に旅をする上で大事です。

 

f:id:ino_null:20160903174351j:plain

鹿児島の護国神社だ。ここで神様にご挨拶でもして行こう。ついでにね、おみくじがあるならそれはやらなければいけない。僕だって男の子だから。

 

f:id:ino_null:20160903174354j:plain

なお、この護国神社、鳥居もとてつもなく大きく、境内も広かった。開放感のすごい敷地にだんだんとテンションが上がってくる。

 

f:id:ino_null:20160903174358j:plain

うおおお!!!ついに!無職ついにやったぞ!ただ、「旅行:十分でない」に関してはどう捉えればいいかだけが問題だ。

 

鹿児島市内は意外と広く、ぶらぶらするだけで結構な時間を使ってしまった。(シンジローの家で朝にずっと漫画を読んでいたためだとは思わない) 気がつけばだいぶお腹が空いている。こりゃランチしかないね、おしゃれランチがしたいねってことで、おしゃれの匂いをたどって街を彷徨う。

 

f:id:ino_null:20160903174359j:plain

石畳の道もあり、落ち着いた雰囲気が漂う。さて、おしゃれはどっちだ?

 

f:id:ino_null:20160903174347j:plain

ほう、ブラジル人が書いたにしちゃ小慣れた看板を発見。昭和...ブラジル人...?なにやら面白いことが起こりそうな予感もする。

 

f:id:ino_null:20160903174401j:plain

これが石蔵のかふぇ...おお、なかなかのおしゃれ度じゃないか。どうやらこの辺りに漂うおしゃれ臭の元はここからのようだ。

 

f:id:ino_null:20160903174403j:plain

f:id:ino_null:20160903174406j:plain

 

...ふぅ、おしゃれでした。お腹いっぱいです。

 

 

...なんていうんですかね、いつもの展開だと、ブラジル人の店員さんと話したり、他のお客さんとたまたま友達になったりって期待するじゃないですか。

数日東京に戻ってたら旅の感覚忘れちゃったんですよね笑

ふっつーにご飯食べてコーヒー飲んで帰って来ました。おいしかったです。

 

最後の都道府県へGO!

f:id:ino_null:20160903174408j:plain

観光をお昼過ぎに切り上げてフェリー乗り場へやってきた。

 

もったいぶっても仕方ないのでこの後の道程について触れよう。スタートが北の北海道だった以上、ゴールは南の沖縄だろうなぁとぼんやりと考えていた。実は予算が尽きて諦めようかとも思っていたのだけど、ギリギリまでしていたバイトの給料が振り込まれたことで何とか海を渡るお金を工面することができたのだ。

 

おまる一号をフェリーへ積み込み、南へ向かう。

 

f:id:ino_null:20160903174409j:plain

フェリーでおなじみ雑魚寝のスペース。どことなくカイジみたいだ。

 

フェリーに揺られること約1日。ようやく島の姿が見えてきた。

 

f:id:ino_null:20160905204145j:plain

途中何度か岸に泊まることになる。僕が降りるのは本部港だ。

 

 

沖縄上陸!

f:id:ino_null:20160905204152j:plain

このフェリーでやってきたのだ。ついた時にはすでに日が沈みかけていた。

 

ついに到着した。船を降りた瞬間に北海道を経由して本当に沖縄に来たんだという達成感がこみ上げてくる。人間て時速30kmでぶらぶらして沖縄にたどり着けるものなんだ。もうね、めちゃくちゃはしゃいでた。

 

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/i/ino_null/20160906/20160906201746.jpg?1473160773

このピースからも僕のはしゃぎっぷりを感じてほしい。超笑顔。一人だからね、この時。

 

とにかくこの日はもう遅いので一晩宿に止まって、ちゃんと沖縄を観光するのは明日にしよう。本部港についてから予約したゲストハウス「YOSHIKA」さんに向かう。(今の名前は「流木」さん)

 

f:id:ino_null:20160905204157j:plain

これが本日お世話になるゲストハウス。下にちょろっと看板が見えるだろうか?これは...

 

f:id:ino_null:20160905204200j:plain

なんとこのゲストハウスの下には「民謡居酒屋かなさんどー」というお店がある。

 

ゲストハウスの醍醐味かもしれないが、宿には何人かの宿泊客がいた。せっかくなのでこの日は宿で一緒になった人たちとこの居酒屋で夕飯を食べることにした。

 

f:id:ino_null:20160905204201j:plain

てびち。オリオンビールでてびち。至高。もうここまで走ってきたご褒美だね。

 

この民謡居酒屋、結構愉快なお店で、飲めや歌えやひとしきりケタケタ笑い通した。本当に満足だ。どんなお店かはまた次回。

 

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/i/ino_null/20160906/20160906201920.jpg?1473160803

最後に宿の人たちとパシャり。お店の人が写真をプリントしてくれた。思い出だね。

 

次回はいよいよ沖縄編スタート!

 

[GPSの記録がありませんでした。。。]