銀塩日和

フィルム写真と冒険。そしてSDM生活。

ひどい頭痛のときには僕には世間がこう見えたっていう話

f:id:ino_null:20150107185340j:plain

PENTAX MX + Fish-eye takumar 17mm F4

"フィルムカメラを始めたばっかりのときに撮った失敗写真。切れてるし、歪んでるし。"

 

おひさです、僕です。

昨日の午前からひどい頭痛でブログの更新もできず、仕事から帰ってきてすぐ布団に潜り込んで苦しんでいました。

もともと頭痛持ちではあるものの、今回のはあまりにもひどかったので今日も午前休をもらって家でひたすら回復を待つ状態。。。

 

ていうか昨日の帰り道くらいからずっと頭がガンガンしてきてちゃんと考えも働かないし、視界はぐわんぐわん揺れるし。左右ちゃんと見えないしでもうなんだかなーとか思っていた。

 

 

そうしてだいぶ回復してきて今日、これを書いているわけで。。。

 

 

だいたい僕が写真日記的なものを書くときは、iPhotoのライブラリの中からどの写真についてかこうかなぁ〜って考えて直感的にこれだ!ってものを選んでそれに関連したものとか、そこから思いついたものを最近の出来事なんかを交えて書いたりするんですが。

 

ずいぶん前に「絶対に使わないだろうなぁ」って思った最高の失敗写真が今回の頭痛の状態にぴったしで思わず使ってしまった次第です。

 

 

そういう偶然性みたいなものもアナログの素敵なところだなぁと。

 

 

 

広告を非表示にする