読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀塩日和

フィルム写真と冒険。そしてSDM生活。

大学院(SDM)

白兎に託す僕らの原点。森美術館「宇宙と芸術展」に行ってきた。

どうも、僕です。 気がつけばクリスマスもあっという間に過ぎ、2016年の終わりがどんどん近づいている感じですね。僕はというと、相変わらず学校で勉強したり、会社でわらわらとお仕事をしたりと何も変わらない毎日を送っています。思えば10月に入ってからの…

今の日常の検証と妥当性確認について

どうも、僕です。 今期に入ってから自分の身の振り方についてずっと考えさせれているが、その度に最近学んだことが頭の中でリフレインする。 今学んでいるシステムズエンジニアリングの一部分で「検証と妥当性確認」という項目がある。感覚的に理解が容易で…

貴方に世界はどう見えているの?コンセプトのリバースエンジニアリングについて考えたい。

例えば飲み会の帰り道は道端がこう見えている。 どうも、僕です。 趣味で毎日写真を撮っていると、なんとなく写真を見てもらって感想を貰いたいと思ったりする。Web上であればブログとして投稿したり、SNSに載せてみたりする。そういった行動の理由の1つに…

「"貴方が活躍できる"ということは、科学的に立証される」というメッセージ

どうも、僕です。先日の大学院の授業が非常に面白かったので、そのときの感動を思いつくままに少しキーボードを叩いてみる。「認知科学」という学問領域をご存知だろうか。僕ははっきり言って知らなかった。同様の質問をされたら「まぁそこそこ」という顔を…

プラネテスはやってくる。アストロスケール岡田さんの衝撃。

学問の場はいつだって刺激的だった。僕が気づいていなかっただけだ。 どうも、僕です。 あまり普段授業の内容に言及することはないのですが、何か熱いものがこみ上げてきたので気まぐれにキーボードを叩くことにしました。話半分で読んでみてください。 僕の…

ブログを書く理由なんて自分の変化に合わせて変わっていくものだ。

1,2年で僕を取り巻く環境も変わった。僕が変えたのかもしれないし、変えられたのかもしれない。 どうも、僕です。 ブログと僕の関係性について考えてみた。するとまぁ時期によって全然関係性が違うってことがわかってきて、きっとブログを始めてからのたった…

或る学生サラリーマンの一日。銭湯「日吉湯」でリラックスしてビールを飲む。

不思議な単語"ラジウム温泉"。意味は大人になっても分からなかった。 どうも、僕です。 先日会社員と大学院生の二足のわらじ生活について、頑張るぞみたいなエントリを書いたのですが、頑張れ!という応援の声を本当に一杯いただきまして......もうなんかコ…

欲しかったのは挑戦をすることへの少しの肯定感だったのかもしれない

どうも、僕です。 ちょっとバタバタしてるので短めに。ただ、感情にまかせて暑苦しいことを書きたくなったので。 4月にはいってから二足のわらじ生活を続けていますが、いい具合にモチベーションが途切れなくて毎日がなかなかに楽しいと感じています。 単純…

大学院生になって一週間が経ちました。とりあえず二つほど思ったこと。

いきなり合宿に行きました。写真はグループワーク中。 どうも、僕です。 前回書いたように、サラリーマンなんですが少し自分の人生に思うところがあって大学院に通い始めました。月曜の入学式から始まった新生活はまぁ想像していた以上にあっとゆう間に過ぎ…

リーマンですが大学院生になりました。二足のわらじマンブルース。

どうも、僕です。 なんとも私事ではございますが、この度大学院に入学いたしました。 昨日の4月4日はその入学式だったわけで、パリッパリのスマートなスーツでばっちり決めて参加をしたわけです。まぁ雨風に吹かれてパリッパリの髪の毛は天パ全快でくるっく…

ことばのちから

どうも、僕です。 ここ一週間で目まぐるしくモチベーションが上下していて、わたわたしてるんですが、この状況にいて「あ、これチャンスだな。折角だから記録しておこう」と思い、書く予定もなかったんですが、備忘録的に書きます。 思いつきをそのまま書き…

足を止めたら世界中に置いていかれるんじゃないかと思えた。

PENTAX MZ-5 + smc PENTAX-FA 50mm F1.4 "いつもの光景。脱出したい光景。" どうも、僕です。 昨日すごく刺激を受けました。おかげで少し目が覚めた気分です。 何てことのないただの飲み会だったんですが。 ふとしたきっかけで、飲み会にお呼ばれすることに…

社会人が大学院へ通う、ということを考えてみた。

Ricoh GR10 "大学の写真。秋ですがね。" どうも、僕です。一個前に、「来年から大学院に通います」ってエントリを書きました。折角なので、「社会人が今から大学院に通う」と言う事について自分なりの考えをまとめておこうと思います。 「もう一回学生からや…