読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀塩日和

フィルム写真と冒険。そしてSDM生活。

「悲しい時って写真撮らないじゃないですか」

銀塩 (フィルムカメラ) PENTAX MX

f:id:ino_null:20150221232638j:plain

PENTAX MX + smc PENTAX-M 55mm F1.8

"なんで撮ったんだかわからないんだけど、居酒屋写真。"

 

どうも、僕です。

酔いどれエントリにつき宙ぶらりんな事を描きますがご容赦を。

まぁ大した事を書けるわけではないのだけれど。

 

本日は先のエントリにもあったように、多少の頭の体操をしに会社へ。

業務があるわけではなく自己啓発的な立ち位置な研修目的で。(業務は会社に居ようと居まいとやっているのでどうでもいい)

思考法の訓練という位置付けで僕は参加したので、結構実験的な頭の使い方をしてみたりした。

 

内容として行ったのは新規事業の種となるような事を考えようというワークショップ。

 

ずっと前から興味があった思考法を利用して議論は展開されていく。

 

 

 

その中で、ブレストをやった後のバイアスのシフトを行っている時に同じグルーブの方がタイトルの発言をした。

「ほら、悲しい時って写真撮らないですか」

 

 

ああ、なるほど。

 

 

 

そうなんだ。

みんな悲しい時って写真撮らないんだ。

悲しい時の風景って残さないんだ。

 

ていうか僕自身、感情が大きく動いた時の写真ってあんまりまだ撮っていないんだ。

 

なんで僕の写真は僕の感情の動きに連動してないんだろう。

 

連動させることができたらもっと面白いものが撮れるのかな。