読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀塩日和

フィルム写真と冒険。そしてSDM生活。

生きてます。

どうも、僕です。
世間はGWらしく、ひとたびネットを見ればカメラを抱えていろいろなところに遊びに行った写真を目にすることができます。いいなぁ。
当然僕も会社のコアタイムという呪縛から解き放たれて、GWを満喫しているわけです。
 
あ、僕の通っている大学院ではGWのことを
GW(グループワーク)と呼ぶらしいですね。
 
そんなわけで連休に入ってから怒涛のGW具合でした。朝から晩まで体と頭を全力で動かしてディスカッションをしまくってましたし、それだけならまだしも僕ら少しは大人なので、夜はパーッとお酒を飲むんですね。で、家に帰って復習と課題をちょっと進める、と。。。そうしたらまたすぐ朝が来てGWが始まるのです。
...うん、いつ寝ればいいんでしょうね笑
 
そんな感じで脳みそが非常に活性化しているので「あ、自分今生きてるなぁ」って感じています。
 
 
 
しかしね、じゃあGWは完全に満足だったのかというとそうではないのですよ。
 
 

 

PENTAX K-1が欲しいねん。

 
ご存知ですか?PENTAX待望の35mmフルサイズのデジタル一眼レフ。出てました、僕がGWやっている間に世間の皆様は楽しんでいたようです。いいなぁ。
ペンタックス使いから言わせるとようやく出たかという気持ちです。ゲルググが出てきたときのジオン兵みたいな気持ちです。(もう少し早く出てきたら戦況も変化したんじゃないかという部分も同じ)
 
 
何がうれしいって、大好きなレンズたちを大好きな使い方が出来るのですよ。
これまでちょくちょく手に入れていたフィルム時代のFAレンズたちですが、アダプター経由でミラーレスで使ったりだましだまし使っていました。しかし、センサーサイズによって画角が変わってしまっていたり、ファインダーをのぞいて見える像が違ったりと、何となくの「コレじゃない感」を感じずにはいられませんでした。
ですが、ココに来てのフルサイズ一眼レフK-1です。
カメラを始めた頃はミラーレスの電子ファインダー派だったのですが、フィルムカメラを始めて光学ファインダーを使い始めたら逆に電子ファインダーが慣れなく感じてしまった僕なので、フィルムで使っていたレンズを同じように大きなファインダーでのぞける楽しさには心躍らずにはいられないのです。
 
ああ、早く使いたい。え?初ロットですか?あまりにGWでバタバタしていて逃しました。発売当日のGETを、というかまだGETすらしていません。お給料のタイミングなどの関係でお金の振込みが遅れまして、初期ロットに間に合いませんでした何たる不覚。
 
 
そんなわけでいつもどおり、私は今日も元気です。