読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀塩日和

フィルム写真と冒険。そしてSDM生活。

ゆとりが原付で日本縦断した41日目。佐賀ってカツカレー。佐賀×魅力探し×豪雨の長崎

f:id:ino_null:20160618110040j:plain

 事故から明けた朝の様子。前日は本当に大変だった。

 

どうも、僕です。

前回は事故ってしまってポカーンとしているところを助けてもらって、素敵な出会いに心震えた1日でした。この日はその出会いから少し距離をあけての佐賀県のとある道の駅。体と原付に少し事故の傷が残っていますが、旅の継続は可能なので、めげずに走りました。

 

ここまでの旅の様子は下記の記事を参照。

 

ino-null.hatenablog.com

 

 前日の衝撃が拭えないまま、いつもの旅に戻る。そう、いつも通り朝一にテントから這い出して、原付にまたがる。今日は佐賀県観光だ。

 

まずは腹ごしらえということで、コンビニに駆け込む。

f:id:ino_null:20160618110041j:plain

朝からなんて重たいものを食べてるんだ僕は。

 

気持ちが高ぶっていたのか、弁当を食べただけで満足ができなかった僕は、なんとなく目に入った「夏目友人帳」の一番くじを引くことにした。ニャンコ先生の何かが欲しい。井上和彦ボイスの何かが欲しい。。。

 

f:id:ino_null:20160618110043j:plain

旅の途中で必要の全くないどころかちょっと邪魔になりそうなものを買おうとするヤツ。

 

なんかクリアファイルみたいな便箋セットみたいなものが当たった。。。便箋か。。。閉まっておこう笑

 

佐賀の魅力を探せ!

 

さて、全力で佐賀県を観光してやろうと思うのだけど、、、佐賀って何があるのだろうか。吉野ケ里遺跡か。それは高校の修学旅行で行ったな。それ以外のエキセントリックな観光地をtwitterのみんな教えておくれ!なんて思っていた。

 

...何も情報はなかったけれど笑

 

f:id:ino_null:20160618110045j:plain

日本縦断という派手な旅の中ではあるものの、ちょいちょい地味な買い出しは発生する。

 

f:id:ino_null:20160618110046j:plain

縦断中に買うものNo.1がUSBケーブルだ。よく切れるんだこれが。

 

佐賀。。。何があるん?なんて若干泣きそうになっていたところに、京都で出会った旅人の一人からありがたい情報が舞い込んできた。なんと「カツカレーが大きくて美味しいお店があるらしい」!!!カツカレー!!!!

 

...普通じゃん!笑

 

f:id:ino_null:20160618110047j:plain

それでもやってきたドライブイン一平。

 

f:id:ino_null:20160618110048j:plain

確かにめっちゃ多かった。めっちゃ美味しかった。けどカツカレー。

 

そうは言ってもお腹も空いたし、行くところもなかったので行ってみました、ドライブイン一平。中のお座敷に通されて、カツカレーを注文。。。確かにでかい!!!そして飽きない位美味しい!!が、佐賀の楽しみこれだけか!!!笑

 

loco.yahoo.co.jp

 

なお、この辺りからGXRのマクロレンズの使い方がだんだんとわかってきて、料理撮影をアップでするようになってきた。これは楽しい。

 

 

このまま回り回って佐賀の楽しさを探す旅を続けるのも楽しいかもしれないのだけど、雲行きがだんだんと怪しくなってきた。そうなるとなかなか自由に原付で何かを探すのも厳しくなってくるので、もうこのまま九州の北側をずっと海沿いに抜けて長崎まで入ってしまうことにした。

 

長崎は今日も豪雨だった。

 

というところまでが佐賀の話。一度長崎に入ったらもう雨。雨っていうか豪雨。人生で一番激しかった雨は何だと問われたら間違いなくこの長崎の雨だったと言っていいくらいの雨。

 

長崎は今日も雨だった/逢わずに愛して

長崎は今日も雨だった/逢わずに愛して

 

 

ただもうなんかヤケクソになってしまっていたので合羽も着ずに長崎を激走してやった。このとき「あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”!!!!!!!!」って叫んでいたきがする。きっと僕は怒っていた。地球にずっと怒っていた。

 

f:id:ino_null:20160618110050j:plain

分かりづらいが雨がもうすごい。

 

そんな中を一、二時間くらいかけて激走した。叫びすぎて顔が疲れていた。命からがらたどり着いた長崎の道の駅からの豪雨具合を写真に収めたので是非お楽しみいただきたい。

 

f:id:ino_null:20160618110052j:plain

雨が目の前を通り過ぎていて前が見えないもの。

 

f:id:ino_null:20160618110054j:plain

溢れるあまどい。止まらない涙。

 

f:id:ino_null:20160618110053j:plain

どこを通ったら足がびしょびしょにならないか、全くわからない笑

 

通り雨のような感じでもなかったので、これ以上この日は進めないと判断。道の駅の連絡通路のような屋根の下にテントを張り、ここでこの日は夜を明かすことにした。もう全身びしょびしょ。

 

f:id:ino_null:20160618110056j:plain

原付を避難させているところも結構なびしょびしょ。

 

f:id:ino_null:20160618110055j:plain

装備も全てしっとりしている。命からがら足を進めた、そんな日だった。