読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀塩日和

フィルム写真と冒険。そしてSDM生活。

ペンタックスK-1と仲良くなるために海に行く。(後編)

物欲 レビュー デジタルカメラ RICOH PENTAX K-1

f:id:ino_null:20160713011113j:plain

フルサイズの立体感は流石。あとはこれを使いこなすだけなのだけど。

 

どうも、僕です。

悲願のフルサイズK-1を手に入れて海に練習に向かった日の後半。まだまだ画角にもフィーリングにもなれないですが、歩きながら写真を撮っていきます。

 

ino-null.hatenablog.com

なお、カチッとつけておいたのはフィルムカメラでも最高の相棒だったFA50mm F1.4。外装は安っぽいながら、カチッとはまったときは最高の画を吐き出してくれる素敵なレンズです。K-1につけたらそのコンパクトさが際立ったのでお散歩レンズとしては最高かもしれません。AFも全く気にならないくらいのスピード。はっきり言って快適です。

 

 

 

 

f:id:ino_null:20160713011111j:plain

 

f:id:ino_null:20160713011112j:plain

 

f:id:ino_null:20160713011110j:plain

 

f:id:ino_null:20160713011109j:plain

 

f:id:ino_null:20160713011108j:plain

 

f:id:ino_null:20160713011107j:plain

 

f:id:ino_null:20160713011106j:plain

 

f:id:ino_null:20160713011105j:plain

 

振り返ってみて、撮影も現像もまだまだだなぁと。

ただ、これまで触ってきたいろいろなカメラも徐々に美味しい使い方がわかってきたような経験があるので、これから徐々にうまい付き合い方がわかってくるのでしょう。それまではひたすら触るのみです。

 

ガシガシ触っていって、自分の中でしっくりきたらレビューでもするようにしようかな。

 

こちらからは以上でーす!