読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀塩日和

フィルム写真と冒険。そしてSDM生活。

ストーリーに惹かれる、モノでもヒトでも。

f:id:ino_null:20150215130745j:plain

PENTAX MZ-S + smc PENTAX-FA 50mm F1.4

"雪の日、いつもより少し早く外に出て、ぐるりと近所を回りながら写真を撮った。楽しい。この駅へ向かう全ての人に違うストーリーがあるんだろう。"

 

ハロー、僕です。

最近(とはいうには遅すぎるんですが)ハマっているものがあります。

それは他人のストーリーを聞く(読む)こと。

人生観やエピソード、そして野望などと言い換えてもいいかもしれませんが、それを全て包括したものとして"ストーリー"という言い方をさせていただきます。

 

常々学生の頃から、"大人"と話をするのは楽しいと思っていました。

縁があってお酒の席でお話しをさせてもらった時などは、その人が大切にしている価値観や、聞くだけでワクワクするような夢を聞いて、「こんなヒトになりたい」「負けないヒトになりたい」などと自分のなかに湧き出る高揚感に身をまかせることが本当に楽しく感じていました。

比較的外に繰り出すような活動をしていたこともあり、多種多様な大人の皆様のお話しを聞くことができたのは今思えば非常に貴重な経験でした。

 

 

1. ストーリー欠乏症

しかし一転して現在、意識せずにいれば新たな出会いはなく、見渡せば平日の7割の時間を「つまらないな」「早く終わりたいな」という姿勢で時間を消費している人ばかりの環境。

夢や野望を聞けば笑われ、いざ聞き出せてもあの頃の高揚感は湧き出てこないような話ばかり。

ストーリー欠乏症とでも言うのでしょうか。生き方に共感(or反発)をし、自分を大きく見直すきっかけになるようなストーリーが転がっていないのです。

 

故に今年に入ってから、自分の身の回りから離れていろいろな方と会ってみたり、各種メディアからそういうストーリーをインプットしたりして自分の欠乏症を補っている状態なのです。

積極的にダラダラしてきた話 〜綱島温泉突撃編〜 - 銀塩日和

 

しかし、ある時期日常だったが故に、ヒトのストーリー中毒になってしまっているようで、もっと日常的にそういうものを摂取できないかと探していたら、ちょうどいいサービスを見つけました。

 

2. another life. という媒体

それがこの"another life."というwebサービス(メディア?)。

ビジネスに限らず、この社会の中で奮闘するありとあらゆるヒトの人生インタビューを1日一回紹介するメディアです。


記事一覧|another life.(アナザーライフ)|一日だけ、他の誰かの人生を。

 

ネット版情熱大陸とも言われているそう笑

その異名の通り、普通に暮らしていたら絶対に体験できない経験談や、是非とも強めのお酒片手に話を聞きたいアツい野望が満載のベージです。

最近はiPhoneのクライアントアプリから帰宅後にザーッと見て、「負けないようにしよう」と気持ちを高めるのに使っていたり。

読んだらモチベーションがうなぎのぼりになるので、今から頑張るか、って時の儀式的にも使えます。

 

 いつか胸を張って野望に邁進できるようになったら載りたいな。

よし、今日も頑張るぞ。