読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀塩日和

フィルム写真と冒険。そしてSDM生活。

ゆとりが原付で日本縦断した27日目。鴨川デルタで旅人飲み会!京都×観光×べろんべろん

銀塩 (フィルムカメラ)

どうも、僕です。

2012年にひとり原付で日本縦断をした振り返りシリーズ。今回から京都編ですが、このあたりからいよいよ沖縄水没ショックの関係でデジカメの写真がありません笑 結構この日は旅の道中で大事な日だったのに...

仕方ないのでツイッターに残った写真と、ニコニコに投稿してた当時の動画を元に振り返っていきましょう。

 

なおここまでの旅の様子と、沖縄水没ショックについては下の記事参照。

ino-null.hatenablog.com

 

 

 

 

人の家で起きる。

 

twitter.com

 京大生の友人の家を京都の拠点にさせてもらった。彼はこの頃大学院に進学していたので、京都にいたのだ。せっかくなので、泊めてもらうだけでなく洗濯機を借りたりもした。いや、本当にありがたい。

 

洗濯物が乾くまでのあいだに、京都の街を散策する。歩いて行ける距離に有名な神社仏閣があるとのことなので、案内をしてもらうことにした。

 

 

京都を歩こう 

twitter.com

 

 3年越しに思うが、阿呆みたいなリアクションをしている僕。。。今でもあんまり成長はしていないかもしれないが笑 伏見稲荷などは相当朝早くから訪れたはずだったのに、まぁ観光客が多かった。みんな朝早いのねw 他にも東福寺などに足を運んだが、なかなかスケールが大きくて楽しかった。動画に「秋はもっときれいだよ」というコメントももらったこともあり、ちょっと今でも気になっている。隙あらば京都にフィルムカメラをぶら下げて遊びに行くのもいいかもしれない。

 

神社・お寺成分を十二分に補充し、満足したので一旦ベースキャンプこと友人の家へ。途中京都ラーメンを食べつつ、お昼休憩をする。これで京都を終わるのも勿体無いので、洗濯物を取り込んだらもう一度外へ出よう。今度は僕の憧れ先斗町へ向かう。

 

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)

 

 

この時の僕にとって先斗町といえば「夜は短し歩けよ乙女」だった。偽電気ブランを探して飲み歩きたい僕としては、京都を訪れる際は是非とも来てみたかった。今回は歩きで向かおう。

 

twitter.com

 

川沿いを歩く途中で目に映る景色はどこを切り取っても絵になる。このときはコンデジしか持っていなかったのが今となっては勿体無い。平日の快晴のなかをのどかに散歩できる機会なんてそうそうないからだ。

 

twitter.com

 

そうして憧れの街へ。いい雰囲気。上品でいてそれで遊びの雰囲気がする。飲み歩きたいなぁ。今見てもまた行きたいなぁ。

 

当時の僕もそう思ったのか、とうとう我慢ができなくなってしまった。

twitter.com

  

twitter.com

 

おお、浅ましく阿呆な当時の僕よ。。。(本当に声かけてくればよかったのに) 思わず今の本音が漏れてしまいそうになったが、とにかく歩きでいろんなところを散策するのが楽しかったのだろう。それだけ京都という土地が魅力で一杯だったのだ。

 

鴨川デルタで旅人飲み会

そんな京都散策の様子をツイッターに投稿していたら、旅人のゆーだいさんがリプをくれた。曰くちょうど京都にいるらしく、旅人仲間の方々と飲み会をやるらしい、なんと「よければどーよ?」とお誘いいただけた。マジか、会ったことも無いのに旅人だからと誘ってくれるのか、なんだその優しい人たち。こりゃもう是非ともお邪魔してなんかもうケタケタやるしかないじゃないの。

 

twitter.com

 

そんなわけでかるくお酒とおつまみを買い揃え、鴨川デルタの会にお邪魔した。もうみんなものっ凄い良い人なの。しかもちゃんと変な人。

 

いろんなところをバイクで走ってきた旅人の人たちって本当に話面白いのね。マジかって思うような面白体験とかの話を酒の肴にバンバン出してくれるのですわ。

 

この場でお世話になった皆様、特にこの会の中心にいたしょーごさん(超定住型旅人)と、誘ってくれたゆーだいさん(日本二週目)にはこの後も旅中にいろいろとアドバイスやおすすめ情報をもらえたりしてもう感謝しかない。彼らとした「仮面ライダーの話題って女子に振るとなんか男同士で話した時のポイントとは違う感じになるよね」みたいな話は最高だった。女子はもっとライダーのデザインを大事にしようぜ。ゾルダ格好いいじゃん。

 

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーゾルダ

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーゾルダ

 

 

これまで意識して積極的に人と関わるような旅の仕方をしてこなかったが、この会とこの会で出会った人たちのおかげで、"旅先で人に触れる"のは割と最高だということを知ることが出来たような気がする。たぶんここが旅のひとつのターニングポイントで、コレ以降はいろんな人とのふれあいが増えてきた。

またこのときの方々とは飲みに行きたいなぁ。。。

 

 

また、このとき終わった後ちょっと京都の友人とは険悪な雰囲気になってしまったが、若気の至りというかお酒のせいというかマジごめん、な感じではある。

 

とにかく内容の濃い京都滞在だったし、また行きたいのう。。。べろんべろんになりに行きたいのう。。。なんて思う。

 

【当時の動画】

 

 バイク移動は無いため、地図は割愛